• ホーム HOME
  • フロアガイド FLOOR GUIDE
  • ニュース&イベント NEWS&EVENT
  • ショップトピックス SHOP TOPICS
  • レストラン&カフェ 	RESTAURANT&CAFE
  • 施設案内 SERVICE
  • アクセス・駐車場 ACCESS

フロアガイド ~フロアから探す~

  • 中医薬房 イスクラ漢方堂

6F 中医薬房 イスクラ漢方堂

都内で4店舗の漢方専門薬局を運営する「イスクラ薬局グループ」がアトレマルヒロに新店舗「中医薬房 イスクラ漢方堂」をオープン。
お気軽にお立ち寄りください。

アイテム
漢方薬
電話
049-299-5374
営業時間
10:00~21:00
URL

ショップトピックス

[2022/01/23] New

瘀血(おけつ)でも浮腫む。

血の巡りが滞る「瘀血」(おけつ)になると、血と津液(水分)は一緒に流れているため、津液の流れも滞り浮腫むことがあります。
まずは、血の巡りを整えながら、冷えや運動不足、偏食に気をつけましょう。
玉ねぎ、らっきょう、黒きくらげ、青魚、ワカメ、昆布なども摂り入れるといいですよ。

[2022/01/22] New

「コロナに強い」体になる!

感染予防は不織布マスク、うがい、手洗い、会食しない、ソーシャルディスタンスをとるといった基本的な対策に加えて、「感染に強い体」を作ることも大切です。
・冷え
・睡眠不足
・疲れ
・食べすぎ、飲みすぎ
などが続くと風邪をひきやすくなるのは皆さん経験からご存知ではないでしょうか?コロナも風邪の一種ですから、風邪をひきにくい体づくりが予防になります。あったかくして、よく寝て、腹八分目で行きましょう!

[2022/01/14]

肌の乾燥、かさつきは

血は皮膚に潤いを与えてくれたり、栄養を運んでくれています。
身体に血が不足している「血虚」(けっきょ)でも、肌が乾燥しやすくなります。
「血虚」の方は冷えや顔色が悪い方も多く、そんな時は黒や赤色の食材で、血を補ってあげると良いですよ。
レバーや黒豆、黒ごま、クコの実もおすすめです。

[2022/01/11]

髪は血の余り

抜け毛や髪のパサつきなどでお悩みの方は、血が不足した「血虚」(けっきょ)の状態です。
中医学では、髪は血の余りでつくられると考えられています。
また、加齢にともなう髪のトラブルは、腎とも関係してきます。
髪のトラブルは、血と腎を整えると良いですよ。

[2022/01/03]

脾(胃腸)が弱い方の水分のとり方

舌がむくんでぽってりとして、歯形がついているかたは、脾(胃腸)の働きが低下している脾気虚(ひききょ)です。
脾は冷たいものや、湿気、水分のとりすぎでますます働きが低下してしまいます。
一度にたくさん水分を摂るのではなく、少しずつこまめに摂ると良いですよ。

[2022/01/02]

年末年始の食べすぎに

新年あけましておめでとうございます。胃腸を酷使する年末年始。中国ではごちそうを食べた後にサンザシのお菓子を頂きます。お腹がすっきりする薬膳の知恵!イスクラ漢方堂でもサンザシの入ったお茶は大人気。食べすぎちゃったな~という方はぜひご来店ください。

[2021/12/26]

低気圧の不調は

低気圧のときの不調は、胃腸が弱い「脾気虚」(ひききょ)の方がなりやすいです。
「脾気虚」を改善するには、普段からの養生が大切です。
低気圧で頭痛、めまい、肩こり、だるさ、むくみ、気持ちの落ち込みなどがある方は、胃腸を整えて気を補う食材を取り入れると良いですよ。
長芋、きのこ、鶏肉などがオススメです。
また過労や夜ふかしをなるべく避け、食べ過ぎ飲み過ぎを控えたり、散歩などの適度な運動をして、ストレスを上手に発散することを心がけると良いですよ。

[2021/12/25]

乾燥肌でお悩みの方は

乾燥肌でお悩みの方は、皮膚と関わりが深い、肺を潤す白い食材がオススメ。
カブ、白ごま、れんこん、杏仁豆腐、梨、白きくらげなどが良いですよ。
乾燥しがちな今の時期、お肌のトラブルでお悩みの方はご相談くださいませ。

[2021/12/24]

舌と臓器の関係

舌は、舌の先は心や肺、舌の中心は脾胃、舌の側面は肝胆、舌の根元は腎に対応していて舌を見ると臓器の状態も分かってきます。
毎日、舌を見ていると体調の変化にも気づきやすくなります。

[2021/12/22]

なかなか治らない口内炎は

なかなか治らない口内炎は、胃腸が疲れていることが多いです。
カボチャや穀類などで、胃腸を整えてあげると良いですよ。
また心や脾(胃腸)に熱がこもっているときにも口内炎が起きやすいです。
そんな時には、辛いものの食べ過ぎには気をつけましょう。

[2021/12/20]

色々なタイプのむくみ

むくみでお悩みではありませんか?
むくみにも色々なタイプがあります。
水分代謝をしてくれる腎の働きが低下している「腎虚」(じんきょ)になると、腰痛などを伴ったむくみが起きます。
胃腸(脾)も水分代謝をしてくれていますので、胃腸が弱い方もむくみが起こりやすいです。
また月経痛や冷えがひどい方は、血の巡りが滞った「瘀血」(おけつ)が原因でむくむこともあります。
体質によって、養生や漢方薬も変わってきますのでご相談くださいませ。

[2021/12/19]

不眠のなかでも

倦怠感とともに胃腸も疲れて、些細なことが気になって眠れない時には、エネルギー不足の「気虚」(ききょ)が原因の不眠です。
漢方薬や養生で症状を和らげ、お身体の全体的なバランスを整えていきませんか?
お気軽にご相談くださいませ。

[2021/12/17]

低血圧は気と血の不足

低血圧の時には、エネルギー不足の気虚(ききょ)と血不足の血虚(けっきょ)でも起こりやすいです。
気虚の時は、胃腸が弱く食欲がなく、疲れやすかったりしますので、大豆や山芋などで気を補ってあげるのがオススメです。
血虚の時には、貧血があったり爪がもろかったり、めまいや髪が抜けやすいこともあります。
ほうれん草や小松菜などで血を補ってあげたり、レバーが苦手でなければオススメです。
低血圧にも色々な体質がございますので、漢方薬ご希望の方はご相談くださいませ。

[2021/12/13]

冬の肌荒れは

冬は冷えて血の巡りが滞り、皮膚に栄養が巡らず肌荒れを起こすことがあります。
そんな時には、乾燥と血の巡りの対策をするのがおすすめです。
ニラ、玉ねぎ、きくらげなどが血の巡りを良くしてくれますよ。

[2021/12/12]

瘀血(おけつ)の養生

血の巡りが滞っている瘀血(おけつ)の時には、ちゃんと湯船に浸かったり、普段から身体をこまめに動かしたりすると良いですよ。
ニラ、納豆、酢、玉ねぎなどを食事に摂りいれるのもオススメです。

[2021/12/08]

夜ふかしは、血不足に

血を貯める働きがある「肝」は、深夜1時から3時にこの働きをしてくれます。
この時間に睡眠をとらずにいると、血が不足してきます。
夜ふかしは、血不足の原因になります。
なるべくこの時間には、身体を休めると良いですよ。

[2021/12/03]

口の中の状態は、どうですか?

口の中が乾いてつらかったり、逆によだれがたくさん出てしまうのは、「脾」(胃腸)の弱りと関係してきます。
脾の働きが正常だと、口の中も適度なよだれで潤いがあります。
口の中の状態は、どうですか?
胃腸症状があったり、口の中の状態でお困りの方はご相談くださいませ。

[2021/11/29]

冬でも薄着は、腎が弱まる

冷たいものを多く飲んでいたり、冬でも薄着をよくしている方は、身体が冷えやすく、腎に負担がかかります。
冬は、特に腎を大切にしてあげたい季節です。
腎が弱ってくると、顔色が黒っぽくなってきたり、腰痛や夜中にトイレで何回も起きたりということが起こりやすくなってきます。
まず冷え対策をして、温かく過ごしましょう。

[2021/11/26]

胃腸が喜ぶ習慣3つ

年末が近づき、いつもよりボリュームのある食事が増えていませんか?
胃腸の疲れは“血液汚れ”の原因になってしまいます!
胃腸が喜ぶ習慣でサラサラ血液にしたいものですね。
そこで、手軽に出来る習慣を3つを紹介!

①発酵食品
特に「味噌」がオススメ。大豆イソフラボンの他にもアミノ酸やビタミン類や食物繊維など、善玉菌が増える栄養素が豊富。
②しっかりタンパク質
消化酵素を作る時に必要なタンパク質。豆腐や鱈、カレイなど高タンパク低脂肪の食材がオススメ。
③食物繊維
食物繊維は野菜に多く含まれています。胃腸に優しい水溶性食物繊維たっぷりの大根やキャベツの温かいメニューは特にオススメです♪

胃腸が元気だと気持ちもリラックスして血流も整いやすくなります♪

[2021/10/25]

“つわり”が辛い時には…

無事に妊娠して嬉しい反面、食欲不振や吐き気が重い“つわり”が始まると憂鬱になってしまいますよね
体内の状況の急激な変化で「つわり」が起きます
変化とは…

妊娠中は通常より血液が必要なので「血」が不足しやすい

血液の不足は胃にも影響し消化不良を起こし、「血」の材料不足に…

そして心配や不安が加わると「気」が滞りがちに…

このように「気」「血」「水」の巡りが不調になり逆流しやすくなると、胃のムカつきや吐き気が起こりやすくなります。

不安感を和らげる・胃の湿気を取るなど、これらの症状の緩和も得意な漢方薬。
症状に合う漢方を服用される事もおすすめです♪

そして、つわりを軽減させると言われている栄養素は「ビタミンB6」と「葉酸」です。
例えば
【ビタミンB6】
豚肉、卵、大豆製品、トマト、玄米、はちみつ、あさり、バナナなど
【葉酸】
レバー、納豆、卵黄、ほうれん草、アスパラガス、ブロッコリー
などがあります。ご自身の体調などに合わせて召し上がって下さい。

お母さんになる身体と新しい生命にとって穏やかな時間が増えます様に…(*^^*)

[2021/09/04]

手荒れしていませんか?

消毒や家事で、手荒れしていませんか?
これから乾燥の季節になりますので、今からこまめなハンドケアがオススメです。
また、血が不足した「血虚」(けっきょ)になると、指先がささくれたりもします。
ハンドケアと共に、お身体も整えていきませんか。

[2021/09/01]

頑張った時には

心も身体も疲れているときには、頑張っている証拠。
頑張っているご自分に、ご褒美あげませんか?
滋養できるごはんと、漢方で心身ともにリフレッシュ。

[2021/08/30]

痛み・しびれでお悩みのときには

頑固な痛み・しびれでお悩みではありませんか?
痛み・しびれの原因は、エネルギー不足、血不足、湿度、冷えなど様々です。
原因は、個々の体質や全身症状から考えていきます。
つらい痛み・しびれを和らげて、生活の質を上げていきましょう。

[2021/08/29]

疲れが抜けないときには

栄養剤を飲んでも、疲れが抜けないなどありませんか?
「肝」が弱っていると、慢性的に身体のだるさや疲れが取れなくなることも。
ひどいお疲れでお悩みの方は、「肝」を見直してみませんか?

[2021/08/28]

季節の変わり目の不調

季節の変わり目、体調崩しやすくなっていたり、急な気温の変化に身体がついていかなかったり。
不規則な生活、乱れた食生活、運動不足、生活環境によって、身体は外的刺激の影響を受けやすくなります。
身体の底ヂカラ、上げていきませんか?

[2021/08/27]

暑さが戻ってきて

暑さが戻ってきて、だるさや疲れていたり、冷たいものの摂り過ぎで、胃腸の調子を崩していませんか?
本格的な秋が来る前に、不調を整えて、心地よく秋を迎えましょう。

[2021/08/21]

旬のものや体質に合ったものを

少し動いただけで、疲労、息切れを感じやすいときは、身体のエネルギーが不足している「気虚」(ききょ)です。
いろんな症状は、活動時にひどくなりやすいです。
もうすぐ旬の里芋も、疲れているときや食欲のないときなど「気虚」の方にもおすすめです。
食事も旬のものや、ご体質に合ったものを取り入れていくと良いですよ。

[2021/08/20]

臓器と感情は関係する

怒りすぎると「肝」を、喜びすぎると「心」を、思い悩みすぎると「脾」を、悲しみすぎると「肺」を、恐れすぎると「腎」を傷つけます。
気持ちの面の改善がなかなか難しい時も、臓器を癒やしてあげると、気持ちにも変化が出ることがありますよ。

[2021/08/17]

「肝」と目のつながり

「肝」と目は、経絡という気血の通り道で繋がっています。
睡眠不足や疲労、目の使いすぎは、肝に蓄えられた「肝血」を消耗してしまいます。
「肝血」は、目に栄養や潤いを与えてくれますので、消耗すると目にも影響してきます。
目の症状がある方は、「肝」を労ってあげると良いですよ。

[2021/08/16]

「瘀血」の原因は?

血の巡りが滞る「瘀血」(おけつ)の原因には、様々あります。
エネルギー不足の「気虚」(ききょ)や血液不足の「血虚」(けっきょ)も原因の一つです。
シミや肩こり、頭痛など瘀血の症状がある方は、その原因を探ってみませんか?

Next

フロアから探す Floor

  • 7F レストラン
  • 6F コスメ・生活雑貨・サービス
  • 5F ファミリー&キッズ・雑貨
  • 4F メンズ・レディスファッション・雑貨
  • 3F レディスファッション・雑貨
  • 2F メンズ・レディスファッション・雑貨
  • 1F 飲食・サービス
  • B1F 食料品

カテゴリーから探す Category

  • ファッション&ファッション雑貨
  • 生活雑貨・コスメ・グッズ
  • カフェ&レストラン
  • 食料品
  • サービス・その他

キーワードから探す Key Word

ページの先頭へ