• ホーム HOME
  • フロアガイド FLOOR GUIDE
  • ニュース&イベント NEWS&EVENT
  • ショップトピックス SHOP TOPICS
  • レストラン&カフェ 	RESTAURANT&CAFE
  • 施設案内 SERVICE
  • アクセス・駐車場 ACCESS

フロアガイド ~フロアから探す~

  • 中医薬房 イスクラ漢方堂

6F 中医薬房 イスクラ漢方堂

都内で4店舗の漢方専門薬局を運営する「イスクラ薬局グループ」がアトレマルヒロに新店舗「中医薬房 イスクラ漢方堂」をオープン。
お気軽にお立ち寄りください。

アイテム
漢方薬
電話
049-299-5374
営業時間
当面の間 10:00~20:00
通常営業時間:10:00~21:00
URL

ショップトピックス

[2021/10/11]

季節の変わり目の養生

季節の変わり目、気温変化で体調を崩しやすかったり、風邪をひきやすい時には、冷たいものの摂り過ぎ、暴飲、暴食、偏食、少食、徹夜、過労、ストレス過多、運動不足などをなるべく避けて、養生するのもおすすめです。
養生で、身体を守りましょう。

[2021/10/10]

目の疲れで、お悩みのときには

肝が不調のときには、目にも影響が出てきます。
肝に蓄えられている、血が不足すると、目に栄養が行かなくなり、目の疲れにも繋がります。
睡眠不足、疲労、目の使いすぎは、より血を消耗してしまいます。
レバー、しじみ、枸杞の実、ブルーベリーで目の養生をするのもおすすめですよ。

[2021/10/07]

乾燥しやすいときには

乾燥しやすい陰虚(いんきょ)の方は、辛すぎるものや、熱すぎる食べ物を控えたほうがよいです。
酸味と甘味のものを、合わせると潤うので、一緒に食材として使うのもおすすめ。
また、夜型の生活を長く続けると、潤いは消耗してしまうので、夜は早めに休みましょう。

[2021/10/04]

秋の咳で、お悩みのときには

秋に入って、空咳など咳でお悩みではありませんか?
肺は呼吸器とも関係していて、乾燥にも弱いです。
また、乾燥しやすい秋は、肺が弱まりやすくなります。
咳とともに、痰があるのかないのかや、痰の色によっても漢方薬は変わってきます。
こんな時には、生モノや冷たいもの、塩分の多いものや辛いもの、脂っぽいものは控えるのがおすすめ。
つらい症状、和らげませんか。

[2021/10/03]

張りや、凝りありませんか?

イライラして、張ったり凝ったりする症状が多いときには、気の流れが滞っている、気滞(きたい)の症状です。
辛い食べ物は控えて、香りの良いお野菜や柑橘類、酸味のものを摂って、気の巡りを良くしていきましょう。
漢方薬でも、サポートいたします。

[2021/10/01]

冷えからも、瘀血に

冷えからも、血の巡りが滞る瘀血(おけつ)になります。
舌の色が暗紫色、舌の裏の静脈が、暗い紫色に腫れていると、瘀血の状態になります。
食べ物も、冷たいものは避けたいですね。
これから寒くなる季節、冷えも瘀血も和らげていきましょう。

[2021/09/29]

冷えていませんか?

これから、寒くなる季節。
冷えてツライ症状を、そのままにせずに、快適な秋冬を過ごしましょう。

[2021/09/27]

不眠の原因には

寝つきが悪い、心身が疲れて眠れない、夢が多い、などでお悩みではありませんか?
不眠の原因には、血が不足していることや潤い不足、湿(余分な水分)や熱がこもっていたり、胃腸虚弱だったりと様々な原因や体質があります。その方その方の原因や体質によって、漢方と養生で快適な眠りをサポートいたします。
お気軽にご相談ください。

[2021/09/26]

ストレスからくる、胃腸症状には

便秘や下痢を繰り返したり、胃もたれや吐き気を起こしたりしていませんか?
ストレスに弱い、肝の働きが滞ることでも、脾胃(胃腸)に影響が出てきます。
滞った気の巡りを良くして、胃腸を整えていくことが大事になります。
つらい症状をそのままにせずに、漢方や養生で和らげていきませんか?

[2021/09/25]

食欲の秋

少し涼しくなってきて、食欲が増して食べ過ぎたり、消化不良、胃もたれなど起こしていませんか?
脾胃(胃腸)を整えることは、身体の根本を整えることにも繋がります。
また、胃腸が不調だと、口周りに症状が出やすくなります。
口周りのニキビ、口内炎などある方は、胃腸を大事に過ごしましょう。

[2021/09/24]

血が不足すると

血が不足する、血虚(けっきょ)になると、冷えや不眠、不安になったり、めまい立ちくらみなど、様々な症状が出てきます。
血虚は、血の巡りが滞る瘀血(おけつ)の原因にもなります。
血の不足による、つらい症状を和らげて、元気に過ごせる毎日を送りませんか。

[2021/09/15]

腎を整える

「腎」は、生殖器官や髪、骨、歯とも関わりがあります。
腰が痛くだるかったり、関わりがある部分が不調のときには、「腎」が弱っているのかもしれません。
黒い食材は、腎におすすめです。
黒ごま、黒豆や、今の時期は栗なども腎を補ってくれます。
寒くなる冬の時期になると、腎は弱まりやすくなります。
今から、「腎」の力を整えていきましょう。

[2021/09/13]

気疲れからくる不調に!

コロナが落ち着かないまま、猛暑を過ごし心身共にお疲れ気味の人が多い様です。

そして秋は会社や学校などでも環境の変化が多くなり、気疲れしやすい季節でもあります。

「いつも時間に追われてる感じ」「仕事や勉強がはかどらない」「集中力が長続きしない」「頭がはたらき過ぎて眠れない」といった事で疲れを感じた事はありますか?

解消しきれない疲れを感じた時に
植物や動物生薬の“ちから”に手伝ってもらって今年も軽やかな秋にしませんか?

[2021/09/10]

乾燥と肺

秋の乾燥で弱まりやすい「肺」は、呼吸器、皮膚、粘膜とも関係しています。
悲しみが増えることでも、肺は弱まります。
また、肺と大腸は繋がっていますので、便秘になることも。
秋に起こる、乾燥による症状や皮膚の症状、便秘は、「肺」が原因かもしれません。

[2021/09/06]

乾燥が気になる季節

乾燥が、気になる季節が近づいてきました。
「肺」は、乾燥に弱い臓器です。
そんな時は、長芋、蓮根、梨、はちみつなどもオススメです。
秋は、肺のケアをしていくと良いですよ。
乾燥に負けない、お身体作りを。

[2021/09/05]

冷えの季節

冷えてくる季節になりました。
手足やお腹が冷えて、これからツラくなる方は、早めの養生をしませんか。
冷えにも、いろいろな体質があり、それによってお選びする漢方も変わってきます。
体質が分かると、不調の対処の仕方も分かってきます。
ご自身でも、ご自分の身体を守りながら、寒い季節を乗りきりましょう。

[2021/09/04]

手荒れしていませんか?

消毒や家事で、手荒れしていませんか?
これから乾燥の季節になりますので、今からこまめなハンドケアがオススメです。
また、血が不足した「血虚」(けっきょ)になると、指先がささくれたりもします。
ハンドケアと共に、お身体も整えていきませんか。

[2021/09/01]

頑張った時には

心も身体も疲れているときには、頑張っている証拠。
頑張っているご自分に、ご褒美あげませんか?
滋養できるごはんと、漢方で心身ともにリフレッシュ。

[2021/08/30]

痛み・しびれでお悩みのときには

頑固な痛み・しびれでお悩みではありませんか?
痛み・しびれの原因は、エネルギー不足、血不足、湿度、冷えなど様々です。
原因は、個々の体質や全身症状から考えていきます。
つらい痛み・しびれを和らげて、生活の質を上げていきましょう。

[2021/08/29]

疲れが抜けないときには

栄養剤を飲んでも、疲れが抜けないなどありませんか?
「肝」が弱っていると、慢性的に身体のだるさや疲れが取れなくなることも。
ひどいお疲れでお悩みの方は、「肝」を見直してみませんか?

[2021/08/28]

季節の変わり目の不調

季節の変わり目、体調崩しやすくなっていたり、急な気温の変化に身体がついていかなかったり。
不規則な生活、乱れた食生活、運動不足、生活環境によって、身体は外的刺激の影響を受けやすくなります。
身体の底ヂカラ、上げていきませんか?

[2021/08/27]

暑さが戻ってきて

暑さが戻ってきて、だるさや疲れていたり、冷たいものの摂り過ぎで、胃腸の調子を崩していませんか?
本格的な秋が来る前に、不調を整えて、心地よく秋を迎えましょう。

[2021/08/21]

旬のものや体質に合ったものを

少し動いただけで、疲労、息切れを感じやすいときは、身体のエネルギーが不足している「気虚」(ききょ)です。
いろんな症状は、活動時にひどくなりやすいです。
もうすぐ旬の里芋も、疲れているときや食欲のないときなど「気虚」の方にもおすすめです。
食事も旬のものや、ご体質に合ったものを取り入れていくと良いですよ。

[2021/08/20]

臓器と感情は関係する

怒りすぎると「肝」を、喜びすぎると「心」を、思い悩みすぎると「脾」を、悲しみすぎると「肺」を、恐れすぎると「腎」を傷つけます。
気持ちの面の改善がなかなか難しい時も、臓器を癒やしてあげると、気持ちにも変化が出ることがありますよ。

[2021/08/17]

「肝」と目のつながり

「肝」と目は、経絡という気血の通り道で繋がっています。
睡眠不足や疲労、目の使いすぎは、肝に蓄えられた「肝血」を消耗してしまいます。
「肝血」は、目に栄養や潤いを与えてくれますので、消耗すると目にも影響してきます。
目の症状がある方は、「肝」を労ってあげると良いですよ。

[2021/08/16]

「瘀血」の原因は?

血の巡りが滞る「瘀血」(おけつ)の原因には、様々あります。
エネルギー不足の「気虚」(ききょ)や血液不足の「血虚」(けっきょ)も原因の一つです。
シミや肩こり、頭痛など瘀血の症状がある方は、その原因を探ってみませんか?

[2021/08/15]

顔の赤みをすっきりと

ほてり、肌荒れ、吹き出物などで、顔が赤くなっていませんか?
食生活の乱れやストレス、生活習慣の乱れで、「血熱」(けつねつ)といって身体の中に熱がこもり、血が熱を持った状態が原因の一つです。
血熱を冷ましてあげると、赤い顔もすっきりと落ち着くことがありますよ。

[2021/08/14]

胃腸と睡眠は大事

暴飲暴食などで、胃腸が疲れていませんか?
身体に余分な老廃物が、溜まり続けると熱を持ち、「痰熱」(たんねつ)という状態になります。
胃腸症状の他に、眠りが浅かったり、夢が多かったりしませんか?
舌の苔が厚くてベトベトで、色が黄色みがかっていると「痰熱」です。
胃腸と睡眠、整えていきましょう。

[2021/08/12]

血が不足しているときには。

爪が割れやすい、冷え、眠りが浅いなどありませんか?
これらの症状は、身体の血が不足している「血虚」の状態でもあります。
舌は淡い赤色や、白っぽく小さめです。
血虚の方は、冷たいもの、生もの、脂っこいもの、甘いもの、刺激の強いものの摂り過ぎを控えて、胃腸に負担をかけないことも大事です。

[2021/08/09]

食欲、ありますか?

今朝は、立秋過ぎたら、暑いけれど何となく、空気が変わってきたなと感じました。
まだまだ、暑さが続きます。
食欲不振、または食べすぎて消化が悪かったり、むくみなどありませんか?
少しの不調は、身体のサインでもあります。
症状が長く続くと、回復にも時間がかかります。
早めの対策で、お身体も快適に。

Next

フロアから探す Floor

  • 7F レストラン
  • 6F コスメ・生活雑貨・サービス
  • 5F ファミリー&キッズ・雑貨
  • 4F メンズ・レディスファッション・雑貨
  • 3F レディスファッション・雑貨
  • 2F メンズ・レディスファッション・雑貨
  • 1F 飲食・サービス
  • B1F 食料品

カテゴリーから探す Category

  • ファッション&ファッション雑貨
  • 生活雑貨・コスメ・グッズ
  • カフェ&レストラン
  • 食料品
  • サービス・その他

キーワードから探す Key Word

ページの先頭へ